インターネットユーザーの80%は、yahoo!やgoogleなどの検索エンジンを利用して情報収集していると言われています。

そのうち70%は、検索結果の2ページ目あたりまで(約上位20位あたり)しか目を通さないとも言われています。

インターネットユーザーは、検索エンジンで上位表示されているサイトや企業を、そのジャンルでの主要な存在として認識する傾向があります。
検索結果での上位を確保、維持するということは、企業(サイト)のブランドの形成にもなり、安定した集客効果を期待できるとも言えましょう。
「上位に出るようになっても売上が変わらない」 そんな企業様の嘆きを聞くこともしばしば。
意味のある上位表示でなければ、正しくSEO対策がなされてるとは言えません。意味のある上位表示とは売上につながる上位表示です。







Copyright (c) 2009 tac-tics All rights reserved.